仕事のストレスで退職して2ヶ月経過。“環境を変える”ことの効果はあった?

仕事 ストレス 環境 変える 辞めた 解放 変化 辞めてよかった つれづれ

年末に仕事を辞めてから、2ヶ月が経過しました。まだ求職中(無職)の身です。

前にも書きましたが、仕事を辞めた原因はストレス。業務ではなく人間関係・環境によるものが大きかったので、どうにもできないと思い環境を変えました。

在職中はストレスフルに生きていた私ですが、今はかなりストレスが減りました!“環境を変える”効果はやはり大きいと思ったので体験談をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

当然、仕事によるストレスがなくなった!

スマホ 業務LINE ストレス 仕事 辞めた 辞めたい やめたい

当たり前なんですが、仕事を辞めて、仕事のストレスがなくなりました。

主に

  • 合わない上司(私の場合、社長)と接しなくていい
  • 急な業務依頼地獄から開放された
  • 関わりたくない取引先と縁が切れた
  • LINEグループを抜けた

仕事自体はやりがいがあったので一応ちゃんとやっていましたが、毎日のようにイライラしれいました。店舗からの売上報告のLINE通知ですらイラッとするほど(苦笑)。なので「業務LINEが来ない」という些細なことでストレス感じなくなったという。

コロナ禍になってから、社長に対する不信感が募りまくっていたため、社長のやることなすこと気に食わなかったように思います。お互いにとってよくないですよね…。

「自分にはどうにもできないこと」からは逃げるしかない

無職 30代 アラフォー 生き方 転職 仕事を辞めたい

よく「人は変えられない」と言いますが、本当にその通り。社長には社長のやりたいことがあり、それがどれだけ(特にこのコロナ禍において)無謀に思えても、私たちにはどうにもできませんでした。

それに耐えられるなら会社に残ればいいですが、私は無理だったので退職を選びました。待遇面も改善しなさそうでしたし、それも自分にはどうにもできないことなので、逃げる道を選びました。

穏やかに暮らすために必要な「逃げ」だった

「逃げ」という言葉に抵抗がある方もいるかもしれませんが、私は全く無いです。

自分がどう生きたいか?

そう考えたとき、イライラしたくないとか、穏やかに暮らしたい、ということを思い浮かべます。もちろん、稼ぐことも大事なのですが。

仕事にやりがいがあっても、精神衛生上よくない環境なのであれば、そこで心から幸せを感じることはできない。なので必要な逃げだったと私は思っています。

デメリット:毎日ダラダラしすぎている

働きたくない ねむい ごろごろしたい 仕事 辞めた

これは人によりますが、環境を変える=仕事を辞めるデメリットもあるかもしれません。

  • 不規則な生活(ダラダラしすぎる)
  • 運動不足
  • 転職活動に苦戦する
  • 収入がないことへの不安 etc…

私は元々早起きが苦手&夜型生活なので、ダラダラしすぎてしまっています。生活リズムを整えようとも思ったのですが、なかなか苦戦している状況。

時間はあるからスキルアップ頑張ろう!と意気込んでいたのも最初だけ。それが新たなストレスになりかけているという…。

暖かくなってきたので、考えすぎずにまた頑張ろうと思っているところではあります。

まとめ :今いる環境がストレスの原因なら、逃げることも検討しよう

環境を変えることは、誰しも勇気がいることだと思います。仕事によるもの、友人、家族などの人間関係によるもの…。もしかしたら、逃げることができないという方もいるかもしれません。

それでも、今いる環境がストレスや精神的不調の原因なのであれば、環境を変えることを検討してみてほしいです。ちょっと距離を置くとか、休むとか。「そんなことできない」と思わずに。意外となんとかなるものです。

この記事がひとつの参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました