【レシピ】超簡単!サバ缶のもち麦入り炊き込みごはん

サバ缶炊き込みごはん

栄養たっぷりで保存もきく「サバ缶」。
数年前から人気が上昇していますが、みなさんのお宅にも1つくらいストックがあるのではないでしょうか。

そんなサバ缶を、みんな大好きな(?)炊き込みごはんにしちゃいました!思い立ったときにすぐ作れるのでおすすめ!おかわりが止まりません(笑)。

では、早速ご紹介します。

サバ缶炊き込みごはんの材料

サバ缶
  • お米 ………2合
  • もち麦 ………50g
  • サバ水煮缶 ………1缶
  • しょうが(千切り) ………15gくらい
  • まいたけ ………1/2パックくらい
  • 薄口しょうゆ ………大さじ1.5
  • 酒 ………大さじ1.5
  • 水 ………適量 
  • 白ごま ………適量
  • 万能ネギまたは大葉 ………適量
もち麦

我が家では普段から雑穀米を食べているので、この炊き込みごはんにももち麦を入れました。白米だけがいい方は、白米を2.5合にしてくださいね。

また、まいたけじゃなくしめじやえのきなど、お好きなきのこでOKです!

サバ缶炊き込みごはんの作り方

サバ缶の炊き込みごはん

【1】お米は洗ってザルにあげておく。まいたけは石づきをとりほぐしておく。

さとみ
浸水はしなくても大丈夫!私はしてませんがおいしく炊けています。

【2】炊飯器にお米、もち麦、サバ缶の汁、しょうゆ、酒を入れ、必要な水分量(※)の目盛りまで水を足す。

さとみ
我が家では1袋(50g)に対し0.5合分の水が必要なもち麦を使用しています。なので2.5合の目盛りまで水を足します。もち麦によって違うと思うので、そこは各自調整してください!

【3】水を足したら、軽くほぐしたサバの身、しょうが、まいたけをのせて炊飯器で普通に炊飯する。炊き上がったらお好みの量の白ごまを入れて全体を混ぜ、器に盛って万能ネギ(小口切り)または大葉(千切り)をトッピングすれば完成!

さとみ
サバの骨もそのまま美味しくいただけます!お子様など心配な場合はとってください。

サバの水煮缶はお好きなメーカーのものでOK!栄養たっぷりの煮汁も捨てず、1缶丸ごと使います。

おかわりが止まらない!

サバ缶炊き込みごはん

野菜メインのおかずを作ろうと思った日に、物足りなくないようごはんは炊き込みにしようと。でも買い物に行きたくなかったので、家にあったサバ缶で作れないかなとネットのレシピを参考に作りました。

濃いめのおかずにも合うよう、少し薄味にしたのですが大正解!ごはんだけでもとても美味しく、おかわりが止まらないです(笑)。夫も炊き込みごはんが好きなので、今後も頻繁にリピートするつもり。

きのこやしょうが千切りは冷凍できますし、サバ缶があればすぐに作れちゃうので、とてもおすすめです!ぜひ作ってみてくださいね。

ABOUTこの記事をかいた人

東京在住の30代主婦です。昔から日記を書くことが好きでした。 職場での人間関係に疲れて無職になったのをきっかけに、人生のテーマを「がんばりすぎない」「好きなことをする」に決めました。 ごろごろしながら読んでもらえる、そんな場所になればいいなと思います。