営業時間はアレで確認!初めてふわふわかき氷を食べに行く前に知っておきたいこと

今年こそふわふわのかき氷を食べに行きたい!

でも、どこに行けばいいの?

そんな方も多いのではないでしょうか。今では1年中かき氷を食べている私も、最初はどこに行けばいいかわからず、ドキドキしていたものです。

そこで今回は、行く前に知っておくといいことをまとめてご紹介します!この記事を読んで、今年の夏はぜひふわふわかき氷デビューしてみてくださいね。

今、空前の「かき氷」ブーム!

最近はテレビや雑誌、WEBなどのメディアでもよく特集されているかき氷。お祭りかき氷とは違って、ふわふわでシロップも美味しそうですよね。

私がかき氷にはまってから2年前に比べ、かき氷好きはどんどん増えている気がします。実際にかき氷友達との間で「例年よりも行列がすごい」という話をしていたり。通年営業しているお店もどんどん増えていますし、夏営業だけだったお店も提供時期が早まっているようです。

  • ふわふわの削り
  • 素材の味が楽しめる手作りのシロップ

このへんが人気の理由でしょうか。

私も通い始めたらすっかりはまってしまった1人。1杯1000円するお店も珍しくないので気軽に行けないかもしれませんが、1回は行ってみてほしいです。

かき氷を食べに行く前に知っておくといいこと

情報収集するならインスタがおすすめ!

メディアの特集やまとめサイトなどでも多くのかき氷情報が出ていますが、情報収集するならInstagram(インスタグラム)が断然おすすめ!

季節を問わず食べているかき氷好きの人は、専用アカウントを作っている人が多いです。だから、インスタグラムには最新のかき氷情報がいっぱい!ハッシュタグは

  • #かき氷
  • #カキ氷
  • #(店舗名)

などでの検索がおすすめです。

特集に載っていないお店の情報や、今どんなメニューがあるのかを知ることができます。今はおいしいお店がたくさんあるので、ぜひインスタで情報チェックしてみてください!

お店選びは「食べたいかき氷」があるところへ

インスタで情報チェックしたはいいものの、かき氷店が多すぎてどこに行けばいいかわからない…

とりあえず有名店に行ってみたけど、どれを食べればいいかわからなかいなんて可能性もありますよね。そこでおすすめしたいのは、「食べたいかき氷」があるお店に行くこと。

「おすすめありますか?」と聞けばいろいろと提案してくれるお店もありますが、その人の好みがわからないとおすすめしづらいのも事実。

だから、事前にどんなかき氷があるのかチェックして、自分の好みにあった、食べてみたいかき氷があるお店に行ってみましょう。お店でメニューを見て悩むより、注文がスムーズにできます。

事前チェックはしたけど食べてみたいものが多すぎて迷ってしまった場合は、季節の限定メニュー(迷っている中で1番提供期間が早く終わりそうなもの)を選ぶといいですよ。

どうしても食べたいメニューがあるなら早めの時間に行く

多くのかき氷店はシロップを手作りしています。仕込みに時間がかかるものや、仕入れの関係で数量限定のメニューや人気メニューは、早い時間に売り切れてしまう可能性も。営業時間内だからと遅い時間に行ったら、食べたかったメニューが食べられないかもしれません。

どうしても食べたいメニューがあるなら、オープン後すぐなど、早めの時間に行きましょう。または、情報収集の段階で食べてみたいかき氷の候補をいくつか挙げておくといいかも。

ただし、メニューが日替わりのお店もあったり、提供期間が短いメニューもあるので要注意。お店によっては当日の提供メニューを告知しているのでチェックすると◎

営業時間や休業日はSNSでチェックする

初めてのお店に行く場合、事前にホームページなどで営業時間を確認する人がほとんどだと思います。でも、かき氷店は個人店も多いので、臨時休業や変則営業が発生することも。そのため、Twitter(ツイッター)やインスタグラムで営業時間についてこまめに情報発信を行っているお店が多いんです。

ホームページでは定休日になっていないから行ってみたら休みだった、なんてことも。せっかく遠いお店に行ったのに、かき氷を食べられなかったら残念ですよね。

大盛況で材料がなくなってしまい、前日や当日に臨時休業を告知するお店もあります。土日祝日は特に売り切れで早仕舞いする場合もあるので、前日まではもちろん当日行く前にチェックすることをおすすめします!

並びながらの合流や店内での待ち合わせはNGなお店もある

先に着いた人が並んでおいて、後から合流したり店内での待ち合わせをしようと考える人もいると思います。しかし、そういった行為を禁止しているお店もあります。

自分が並んでいるときに、遅れてきた人が目の前に合流して(割り込んで)きたら…

あまりいい気分はしませんよね。

他にもルールを発信しているお店はあるので、やはりSNSでの確認はしておいたほうがよいです。

行列、暑さ対策は忘れずに!

これからの季節は、多くのかき氷店で行列ができます。お店によっては、炎天下で1〜2時間待ちになる可能性も。なので時間に余裕のあるときに行きましょう。

そして、待っている間にバテてしまわないように、暑さ、水分補給は忘れずに!待ち時間をつぶすために本などを持って行くのもおすすめです。

写真に夢中にならないで!実際にかき氷店に行ったら

さて、実際にかき氷を食べに行って、食べたいメニューも注文しました。かき氷を提供されて、SNS用に写真を撮りたい気持ちもわかります。

でも!

かき氷です。氷なので、暑い季節はどんどん溶けてしまいます。

撮影したり、友だちのが出てくるのを待っている間にどんどん溶けてしまうんです。

溶けた部分もおいしいけど、できるだけ氷の状態で食べたほうがおいしいです。だってかき氷ですから。自分のかき氷が出てきたら、ササっと写真を撮ってすぐに食べ始めましょう。

ラーメン屋でも、麺が伸びないようにすぐ食べ始めますよね。食べるスピードを無理に早くする必要はありませんが、提供されたら早めに食べ始めるようにしたほうがいいでしょう。

かき氷のイメージ変わるよ!

ここまでいろいろと書いてしまいましたが、

  • メニュー、営業時間などをSNSでチェック
  • 暑さ対策

をしっかりして、まずは行ってみる!

待った分だけ、おいしくてふわふわなかき氷が待っています。この記事が、この夏かき氷デビューする人の参考になればうれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

東京在住の30代主婦です。昔から日記を書くことが好きでした。 職場での人間関係に疲れて無職になったのをきっかけに、人生のテーマを「がんばりすぎない」「好きなことをする」に決めました。 ごろごろしながら読んでもらえる、そんな場所になればいいなと思います。