3足890円!カラバリ豊富な無印良品「足なり直角・えらべる靴下」に夢中

無印良品 えらべる靴下
さとみ
秋冬は足元コーデも楽しみたい!

こんにちは、さとみです。

秋冬は服だけじゃなくて小物のコーディネートも楽しい季節ですよね。バッグやマフラー、手袋…。私は最近よくローファーを履いているので、合わせる靴下を選ぶのが楽しいです。

プチプラ大好きなので1足1000円するような靴下は買えないけど、可愛い靴下が履きたい。そんな私がおすすめしたいのは、無印良品足なり直角えらべる靴下です!

足にフィット!足なり直角の靴下

無印良品 えらべる靴下

無印良品には、かかとが直角の靴下があります。ご存知の方も多いかもしれません。今回ご紹介したいのがこの靴下。

かかとが直角になっている理由は

①足のかたちに合わせてかかとが90°
②フィットするから、はき口の締め付けも最小限に
③フィットするから、甲のもたつきも軽減
④フィットするから、飛んでも跳ねてもずれにくい

出典:無印良品

とのこと。確かに、普通の(かかとが直角じゃない)靴下よりずれにくい気がします。はき口のゴムが入っていないものも多く、締め付けも少ないです。

3足890円でリーズナブル!

無印良品 えらべる靴下

さてこの足なり直角の靴下、おすすめしたいポイントのひとつが3足890円とリーズナブルなこと。3足1000円の靴下はよくありますが、それより安い!

私の中で、無印良品=クオリティが高い、というイメージがあるので、890円だと安く感じます。

また、えらべる靴下はレディース/メンズどの組み合わせでもOK。これも地味にうれしいポイントではないでしょうか。

はき心地◎ オーガニックコットン使用の靴下も

無印良品 えらべる靴下さて気になるクオリティですが、この無印の靴下はオーガニックコットンを使用したものが多く、はき心地も良いです。安い上に素材にもこだわられているのはうれしいですよね!というわけで私はオーガニックコットンの靴下を中心に選びました。

ちなみにオーガニックコットン100%ではないようなので、気になる方は店頭の商品かオンラインストアでご確認ください。

えらぶのが楽しい!カラーバリエーションが豊富

無印良品 えらべる靴下

そして、なんといってもカラーバリエーションが豊富なんです!えらぶのが本当に楽しいです。

例えば赤だけでも、プレーンな靴下の他にケーブル編みやワッフル編みがあったり。無地でもいろんな表情の靴下があるので、柄物が苦手な人にもとってもおすすめ!

季節に合わせて色柄が変わるので、今売られているボーダーやチェックは秋冬向きの感じ。夏に買ったボーダーは爽やかな色合いなので、秋冬は眠らせておく予定です。

ただし店舗によっては全くカラバリ豊富じゃないので、大きめの店舗に行くことをおすすめします。

ローファーと合わせると可愛い!

無印良品 えらべる靴下

直角がフィットしている写真が撮れず申し訳ないですが、お気に入りのローファーと合わせるとこんな感じ。ロールアップしたボトムスから靴下を見せて、コーデを楽しんでいます。

スニーカーよりローファーと合わせた方が可愛いので、自然とローファーをはく回数が増えています(笑)。

靴下を全部入れ替えたいレベルで気に入ってる!

無印良品 えらべる靴下

安い上に可愛く、はき心地まで良いということで、持っている靴下と全部入れ替えたいくらい気に入っている、無印良品の足なり直角・えらべる靴下。実際、微妙な靴下はけっこう捨てました。

乾燥機までかけちゃうと、この写真みたいに毛羽立ってしまう可能性もありますが(苦笑)気をつければ長く愛用できるはず。乾燥機かけても全然大丈夫なのもありますし、もし1シーズンくらいでダメになったとしても、安いから買い替えのハードルが高くないですね。

去年はいてた靴下が古くなってる方、あまりお金をかけずに足元コーデを楽しみたい方、ぜひ無印良品の足なり直角・えらべる靴下をチェックしてみてくださいね!

ABOUTこの記事をかいた人

東京在住の30代主婦です。昔から日記を書くことが好きでした。 職場での人間関係に疲れて無職になったのをきっかけに、人生のテーマを「がんばりすぎない」「好きなことをする」に決めました。 ごろごろしながら読んでもらえる、そんな場所になればいいなと思います。