【入院レポ】慢性副鼻腔炎/鼻中隔彎曲症(矯正術)/下鼻甲介粘膜切除術

先日書いた、鼻の手術のレポ続きです!

早速、手術翌日から退院までを書いていきます。

※術後の治療方針などは病院によって違うと思うので、あくまでも一例としてご覧ください。

手術当日の様子はこちら

【手術レポ】慢性副鼻腔炎/鼻中隔彎曲症(矯正術)/下鼻甲介粘膜切除術

2018年8月17日

入院3日目:手術翌日

2時間おきに目が覚めてしまう状態は、結局朝まで続きました。6時には寝るのを諦め、スマホゲーム。この日は体温が少し高く、だるかったのもありごはんやトイレ以外は基本ベッドで横になっていました。

前日かなりつらかった吐き気がおさまり、それだけでもかなり楽に。

相変わらず目や頬は痛いので、痛み止めを飲みました。それでも目がつらいのでスマホをずっと見てるとかは無理で、ゲームもたまにやる程度。寝るつもりがないのにすぐ寝ちゃってました。

処置としては朝夕の点滴と、食後の薬、診察。綿球の交換頻度も、前日に比べるとかなり減りました。

朝昼は軟菜食。朝に食パンが出てきたので喜んでいたんですが、昼は普通におかゆが。。入院前に栄養士に「おかゆが嫌い」と伝えた意味なし。一口でギブアップし、初日に買っておいたヨーグルトを食べました。この日は病棟内しか歩けなかったので、買っておいてよかったなと。

夕飯から一般食になり、ガッツポーズ。入院中ってごはんしか楽しみないですからね。

しかし、味はまあまあおいしいんだけど、おかずの量がさびしい。普段は夜にごはんをほとんど食べないんですが、残すとお腹が空くのでほとんど食べました。

この日も睡眠薬を飲んで早めに就寝。しかしまた夜中に目が覚めてはトイレ&綿球の交換&うがい。。

入院4日目

この日も熱が下がらず。なので基本、ベッドの上で氷枕してゲームか動画視聴。

ただ、前日に比べてだるさや痛みはかなり楽になりました。寝転んではいるものの起きているのがつらくない。痛み止めも1回飲んだくらい。

病院内は自由に動けるようになったので、売店までぬれマスクと冷えピタシートを買いに行きました。

ぬれマスクはたくさん持って行ったつもりでしたが、病棟がけっこう乾燥してるせいか効果がなくなるのが早く感じました。というわけで買い足し。

ちなみに看護師さんからシャワーという単語が一切出ず、温かいウェットシートで体を拭く&下着の着替えのみ。もっと早くシャワーできるかと思っていたのですが、熱があるせいなのか?綿球入ってるから?理由は不明です。

ごはんは毎食ほぼ間食。基本的に炭水化物が多い献立なので、パン用のジャムを残したり、ごはんを二口分残したりしてました。

前日までのようなつらさがないので、睡眠薬も飲まずに就寝。目が覚めてトイレに行ったりはしましたが、2時間起きに、みたいなことはなくなりました。

入院5日目

そろそろ限界だなあと思っていたら、この日ようやくシャワーができました。

ほとんど動かないし院内は暑くないので汗はかかないんですが、とにかく頭がべったり。。点滴の針が邪魔で不便でしたが、かなりすっきり。シャワーのありがたさを実感。

この日から1日3回、ネブライザーでの吸入が始まりました。これが20分くらいかかるので地味につらい。

ちなみに、入院中に鼻洗浄が始まる病院もあるようですが、私は退院後から。というわけで、この日は外出届をもらってすぐ近くの薬局に鼻洗浄器を買いに行きました。

まだ血がつくので綿球も入れてますが、ネブライザー後の交換のみでも大丈夫なくらいに。大変な作業ではないけど、回数が減ると気が楽になります。

この日はようやく平熱まで下がったのもあり、目の奥や頬の痛みもほぼなく、かなり楽でした。

点滴もこの日まで。しかし針を抜くのは翌日まで待たないといけないようで、地味につらい。痛いので、、

入院6日目

また熱がぶり返し。微熱とはいえ、一度下がったのにと思うと悲しい。しんどいほどじゃなかったのでよかったですが。

この日もネブライザー、診察、そして点滴の針が外れました。わーい。

午後、夫が面会に来てくれました。デイルームでお茶飲みながらおしゃべり。やはりしゃべる相手がいるのはいいなと。

ただ、相変わらず綿球は詰まっているし、術後は痛みがあったりしゃべる元気もなかったりするので、お見舞いに来てもらうなら、あまり気を使わなくてもいい相手にしたほうがいいです。

退院前にシャワーに入ってもよかったのですが、朝の時点では夫が何時頃来るかわからなかったのと、また点滴の針が外れる前だったら面倒だなと思ったので断念。

夕方、横になっていたら突然鼻からのどに鼻水みたいなものが落ちてきて、口から出す間もなくそのまま飲み込んでしまいました。。

鼻水にしては塊感のあるものだったので、もしやこれが海藻でできているという綿なのでは…!先生は飲み込んでも害はないと言ってたけど、血を吸ってるはずだしなんか気持ち悪い。。

綿じゃないにしても、鼻水には血が混じっていることが多かったので気持ち悪い。。

さすがに退院前日ともなると、消灯時間過ぎまでゲームや動画視聴できるほど元気になりました。

入院7日目:退院日

いよいよ退院日!

朝食前にネブライザー、朝食、診察を終えて荷物の整理など。迎えに来た夫と10時頃に病棟を出て、支払いを済ませて退院しました。

相変わらず綿球は詰まっているし、鼻洗浄は退院後からなので、鼻がほぼつまった状態での退院となりました。

体験レポで「ガーゼを抜き取ったらすごくすっきりした!」というのを読んでいたので、自分はいつになったらすっきりするのか。。。と若干不安に。

マスクなどはほぼ使い切りましたが、箱ティッシュは結局1箱ちょっとしか使わず。荷物はほとんど減っていない上に、鼻洗浄用に処方された生理食塩水500ml×6本が重かったです。

退院したその足で、ファミレスで昼食。毎日物足りなく感じていたたんぱく質をチャージ!

帰宅後は洗濯したり鼻洗浄してみたり、ゴロゴロしました。やはり家は落ち着く〜。

退院後は「鼻洗浄」がスタート!

鼻の手術後の入院レポをお届けしました。

さとみ
退院時点では、正直まだ「手術してよかった!」とは思えていません。手術前よりもつまったままなので(笑)。

退院当日からスタートした鼻洗浄と、鼻の中がすっきりしていく様子はまた別記事でお伝えしたいと思います。

手術を検討している方へ参考になれば幸いです。

【慢性副鼻腔炎】鼻洗浄開始!退院後レポとその後の経過

2018年10月22日

ABOUTこの記事をかいた人

東京在住の30代主婦です。昔から日記を書くことが好きでした。 職場での人間関係に疲れて無職になったのをきっかけに、人生のテーマを「がんばりすぎない」「好きなことをする」に決めました。 ごろごろしながら読んでもらえる、そんな場所になればいいなと思います。